CDから学ぶ『斎藤一人さんの言葉』

Just another WordPress site

*

しあわせって、「どう考えたら、自分はしあわせか」を考えればいいんですよ

   

af9980010996

 

ところで、みなさん。

みなさんは幸せになりたいでしょ?

「しあわせって、何だろう」と言う人がいるけれど、しあわせというのは、心が感じることなんです。

たとえば、アルプスを見て、感激して「スゴイな!」と思うけれど、毎日アルプスを見ているわけにはいかない。私たち、日本に住んでいますからね。

だけど、道端に咲くタンポポを見て、「スゴイ、かわいいな」と思えたら、海外まで出かけてアルプスを見なくったってしあわせですよね。

ということは、しあわせって、しあわせの基準を下げることができたら、しあわせなんですよね。

じゃあ、あなたの一番のしあわせ何ですか?

「そりゃあ、毎日三度のごはん食べられることですよ」

と言ったとしたら、その人は幸せなんですよね。

だからしあわせって、「どう考えたら、自分はしあわせか」を考えればいいんですよ。

『微差力』P18

=================

幸せの基準って、自分の心が決めるしかないんですよね。

国連が発表した、世界幸福度報告書2013を見ると、国別幸福度ランキングで日本は43位でした。

ほとんどの国民が普通に3食食べられ、屋根のある生活ができ、医療を受けられる。

そんな国は、世界各国見ても指折りです。

そんな環境にありながらも、幸福だと思っている人の割合は世界で43番目なのです。

要は、斎藤一人さんのいう、しあわせの基準を下げることができたら、しあわせなんです。

よく、幸せになりたいっていうけれど、どう考えたら、自分はしあわせか」を考えられないから、幸せにはなれないのです。

 

 

 - 日常生活に役立つ言葉