CDから学ぶ『斎藤一人さんの言葉』

Just another WordPress site

*

自分がふつうだと思ったら、ふつうのなかで幸せを目指した方がいい

   

af0150015158

よく、お金持ちになりたいという人がいるのね。

その人が、よほどの才能があるか、よほどの努力家なら大金持ちを目指したほうがいいけど、自分がふつうだと思ったら、ふつうのなかで幸せを目指した方がいい。億万長者になりたいとか思わないほうがいい。たいへんだから。具わっちゃっている人がいるの。

努力家は努力したいから、人の10倍努力してもくたびれないように生まれちゃっているんだよ。

アイディアがぽんぽん出る人もいるの。だけどアイディアもそんなに出ないし、びっくりするほどの努力もしたくないなら、ふつうに生きた方が絶対得だよ。その範囲内で、幸せになりなと神様が言ってるんだから、それで幸せになった方が絶対に得だよ。

『斎藤一人500年たってもいい話』P27

=================

成功している人って、必ず努力をしているんですよね。

結構、寝る間も削って努力をしている人って、本当に多いんですよね。

普通の人でも努力はしているのでしょうが、普通の人以上に努力をしている人が多いです。

努力とは、色々な努力です。

努力している分野は、多岐にわたっています。

必要だと思うことを、納得するまで習得したり、勉強したりしています。

ただ、そのことは人に言わない人がほとんどなので知らないだけで、実は皆努力をしているのです。

 

 

 

 

 - 日常生活に役立つ言葉