CDから学ぶ『斎藤一人さんの言葉』

Just another WordPress site

*

幸せになりたかったらね、何も望んじゃいけないの

      2014/07/08

af0080000034

 

あのね。幸せになりたかったらね、何も望んじゃいけないの。それから、なんにも変えようとしちゃいけないの。

わかる?

なんにも望んじゃいけないの。

<中略>

当人は望みだと思ってるの。

だけど波動的にいうと、それ、不平なの。

不平不満を出しながら今日から明日、明後日って向かってると出してる波動とおんなじいやなことが起きるの。

だからいやなこと、呼び寄せちゃうの。

それより、「日本に生れて幸せだなぁ」とか、「ごはん食えて幸せだなぁ」とかね。

なんでもいいの。

『千年たってもいい話』P25

==========================

何かを望むということは、それを持っていない自分を描いていいるんですね。

「お金が欲しい」は、お金がないから欲しいのです。

ですから、望みばかり言っている人は、今の環境に対する不平不満を言っているのと同じなのです。

「感謝する」ことは、今あるものに満たされている自分を想像しているから感謝できるのです。

だから感謝するといいのですね。

 - 日常生活に役立つ言葉