CDから学ぶ『斎藤一人さんの言葉』

Just another WordPress site

*

前世の因果の話(「知らないと損する不思議な話」より)

   

え~とね、今から、幸せになる話。
俺はこれが本当の成功法則だと思ってるのね。
納税日本一になった人が語る成功法則の真髄だと思ってるから。
たた、途中でほら、俺神様好きだから、神様とかって言葉は使うけど、まったく宗教とかそういうものとは関係ないからね。
そのことを頭に入れて聴いてください。

最初、成功法則じゃないように聞こえるけど、成功法則なの。
本当に楽しい成功法則だからね。
だんだん楽しくなるからね。聴いててね。

67私には福の神が

あのねぇ、人間ってね、何度も何度も生まれ変わるんだよ。

俺たちは今世もあるし前世もある。
これを信じられる人は半分なんだよね。

キリスト教圏っていうのは、輪廻って認めてないから、これは100%信じる人、いなかった。
で、日本は仏教で、輪廻の話、してんだよね何回も。
生まれ変わりはあるよ、って話はしてんだけど、まあだいたい半分かな?

それでね、最近アメリカやなんかでも、退行催眠つって催眠術かけて5、歳のときの経験は?とか、10歳のときどうだとか、下がってくと、過去世の事を話し出す人がいっぱいいるんだよ。

それをおっかけ調査するとほんとだってことがわかってきちゃったから、アメリカで、キリスト教の国でもだんだん考えが変わってきちゃったの。
アメリカってね、科学的に調べるとこなの。
立証して立証するんだよね。

それで、前世はあるぞって話になってきちゃったんだよね。
だから、全員に信じろって話とかじゃないんだよ。

それで、俺は、前世はあるんだよってことで話するからね。
信じられない人は、おとぎ話聞いてるようなつもりでいて。

それで、最近ちっちゃい子やなんかで、過去世を覚えてる子が生まれてきたりするんだよね。
僕は、どこどこの村で生まれ何歳で死にましたとかって。

生まれ変わった子が、そこに行くと、「ここは誰々のおじちゃんのウチだ」とかって言うんだよね。
ホントにそうだったりするんだよね。

そんなことが、だんだんわかってきたときに、じゃ、人はなんで、何度も生まれるんだ、ってことになるんだよね。
人は、やり残したことがあるから生まれるんだ。
何度も何度も生まれるのは、やり残したことがあるんだ。

じゃ、そのやり残したことはなんですかっていったとき、魂の成長なの。
魂の成長で生まれるんだよ。
簡単に言うと、人間の魂、霊魂っていうのは、死なないんだよ。

だって、最近、ウチがほら、浄霊やなんかするとさ、後ろに霊が出てきたり、しゃべったりするんだよ。
霊がいるっつうことは、死なないんだよ、わかるかい。
死んで終わりだったら、霊魂は出てこないんだよ。

この前、生まれ変わりは信じないけど、幽霊は信じる、って言う人がいたんだけど、それってムチャなんだよ。幽霊がいるっつうこと自体、霊魂不滅の話してんだよね。
死んで終わりだったら、浮遊霊は出てこないんだよ。
ただ、あの世に行かないやつがいる、という話で。

これから成功法則の話なるからね。
人間って、魂がどんどんどんどん成長してくるんだけど、その成長はなんでするかっていうと、因果を通して成長するようになってんだよ。

カルマっていうんだけど、カルマってのは、悪いことをすると悪いことが起きる。
いいことをすると、いいことが起きる、それをダルマっていうんだよ。

それで、この因果を怖いものだと思ってる人がいるけど、因果って怖くもなんともないんだよ。
怖いものとしていった奴がいるんだよ。
それは、因果を商売にしてるヤツがいるんだよ。
実際は、そんな怖い話ではないんだよ。

因果っていうのは、たとえば私が、恵美子の足を踏むよな。
それでも俺は痛くないんだよ。
でも踏まれた恵美子は痛いよな。
オレがまた踏まれれば、痛いのはわかるよな。

人間って、やったり、やられたりして、人の痛みがわかるようになるんだよな。
じゃあ、因果が罰ですかっていうと、罰ではないんだよ。
オレが、恵美子さんの足を三時間踏むとするんだよ。
じゃ、オレが三時間、踏まれるんだったら罰なんだよ。

だけど、魂の成長だから、「オレも前世で人の足、踏んだんだな」って。
だから人の足って、やられたらよくわかったよ、こんなことはもう二度とやめよう、人の嫌がることはやめよう、つったら、これを因果の成就というんだよ。
もう、その因果は、成就したら消えちゃうんだよ。

だから、簡単なこというと、人の悪口ってね「あの人はああなのよ」って言ってるときはいいんだよ。
だけど、逆に言われると相当ショックなんだよ。

いじめも、いじめてる奴は楽しいからやってんだよ。
だけど、やられてるほうは、自殺するぐらい、命にかかわるぐらい、嫌なんだよ。
そんなのって、かわりばんこやられないとわからないんだよ。

だから前、忠夫ちゃんが会社でいじめにあってたとき、「その上司に『ありがとう』って言ってごらん」って。それで忠夫ちゃんが「感謝してます」って言ったら、いじめがなくなったんだよね。

なぜかっていうと、魂ってグループなんだよ。
それでね、かわりばんこね、田舎芝居だと思ってて。
旦那さんが前世で弟だったり、奥さんが妹だったりとか、メンバー同じなんだよ。
それをソウルメイトっていうんだよ。

で、忠夫ちゃんが昔、自分が上役だったとき、嫌な上役だったんだよ。
で、ここでよく覚えてよ。因果の法則というのは、先祖供養って、よく先祖が浮かばれてないから、あなたに嫌なことが起きますとか、先祖が悪いことをしたからあなたに悪いことが起きます。
それから、先祖がいいことしたからあなたにいい事起きるんだね、って、いい先祖持ったねっていうけど、これは嘘なの。

簡単に言うと、先祖がいいことしたのは、先祖が生まれ変わったときいいことがあるの。
先祖が悪いことしたから、あなたに出てんじゃないの。
先祖が生まれ変わったときに、悪いことが出るの。

あなたに悪いことが出てるのは、あなたがやったの。
あなたが太ってるのは、あなたが食ったの。
あなたがデブなのは、あなたが食いすぎたんであって、先祖が食いすぎてあなたが太ってるわけじゃないんだよ。

あなたが痩せたのは、あなたが食事節制するとか、運動するとか、ダイエットしたとかあなたの努力なんだよ。
キリストがね、みんなの罪を背負って十字架にかかった、っていうの。
で、ホントに、その気でやってくれたの。
ただ問題は、人の罪は背負えないの。
誰かがあなたの代わりにおしっこに行くことはできないの。

因果っていうのは、あなたのやってものが出てくるんだよ。
あなたのやったことが出てくるんだから、必ず刈り取らされるんだよ。
今世いいことをしたのは、来世いいことが出るんだよ。

あんないい人がなんで、あんな苦労してんのかしら、っていうけど、前世でロクでもないことをしてるんだよ。
みんなロクでもないことをしてるんだよ。山ほどしてるんだよ。
だって、今だって未熟な人間が、千年前はもっと未熟に決まってんだよ。
そうすると、ロクでもないことをしたやつを今世刈り取るんだよ。

ただし、その中から自分が背負えそうなものしか持ってこないんだよ、だから、今世はこれとこれとこれを解消してきます、って決まりがあるんだよ。

自分で選んだものだから絶対超えられるんだよ。
で、それを刈り取るときに、部長がどなってばかりいたら、俺も上役のときずいぶん怒鳴ってたと思うから今日はずいぶん刈り取ったな、と。
刈り取ったから、収穫祭で一杯やろうと思えばいいんだよ。

それをなんで俺はこんなに目にあうんだ、つって、刈り取りながらここに不平不満の種をまくんだよ。
で、またこれを来世刈り取るんだよ。

これを、因果が巡るというんだよ。
もっと酷いのになってくっと、人間てのは悪いことばっかしてないから、いいこともしてるんだよ。
そうすると、いいことが起きるんだよ。
俺もいいことしてたんだなって、喜んで刈ればいいんだよ。
この幸せはいつまで続くのかって、いいこと刈り取りながら不満の種をまくんだよ。
来世、ひどいことになるよ。

 - 幸せになるために役立つ言葉