CDから学ぶ『斎藤一人さんの言葉』

Just another WordPress site

*

魂の最終段階(「知らないと損する不思議な話」より)

   

人生は

因果の法則でね、自分がすごい得意だとするじゃん。
自分が字が得意だって、字の書けないひとなんかみると、バカにしたり薄ら笑いをすると、人を小馬鹿にしたうすら笑いって、ものすごくいけないんだよ。
そうすると、本当に半身不随になったり、目がね、見えない人になったりするんだよ。
わかるかい?
なぜかっていうと、魂を傷つけると、魂とは人間のなかでいちばん大切なものなんだよ。
それを傷つけると、腰とか、腰ってのは体の要だからね、腰が動かないだけで体が動かなくなっちゃうんだよ。
それとか、目とかに出るんだよ。

あざ笑ったくらいでそうですか、っていうと、そうなんだよ。
そういう人がいたら、この人は因果なんだと思っちゃだめだよ。

俺たちもやってるの、だた、背負いきれないの。
だから、後回ししてもらってんの。
とても、今、背負いきれないから、勘弁してもらってんの。

何回も輪廻する間には一度はやらなきゃなんない。
だから、そういう子を背負ってくるっていることは、ダウン症の子やなんかでも天使みたいなの。
ほんとにかわいい性格なの。
最後にそういうおっきいやつもってくるんだよ。

そういう子が生まれる家って、お母さんの魂や、親も成長してるから、面倒見がいいところに生まれるんだよ。
なかには、そういう重症の子を三人も産んでる子がいるんだよ。
三人に耐えられるだけの愛をもってるんだよ。

すごい人たちなんだよ。
魂が最終段階をむかえた人たちなんだよ。
だから、よくお母さんがね、「この子を残して私が死んだら、どうしようとかって思って、道づれに、一緒に自殺を……」とかって考えちゃう人もいるんだけど、それダメだよ、って。
そういう子はね、親に心配かけないの。
ちゃんと早死にするの。

最終段階で、親に迷惑かけるために生まれてきたんじゃないの。
だから親は心配しないで、ただ、かわいがればいいの。

この前、まるかんの発表会の時に来てた男の子が、重度の障害者を面倒見るとこへ勤めてんのね。
いくら自分が教えてもご飯食べられない。
基本的なことができないから、自分はイライラしちゃうんだ、どうしたらいいだろうって。

その人たちな、魂の最終段階だから、手づかみでご飯食べてようが、何しようがいいんだよ、って。
なにもその人たちが普通になることはないんだよ。
普通以上の魂なんだよ。
そのお母さんたち凄いんだよ、って教えてあげたの。
そしたら、その子がこの前、すごいこと発表したの。

1週間か10日たってから、自分はなかなかできないのに、いきなりきた女の子が食事でも何でもうまく教えたり食べさせたりできる子がいるんだって。
だから、その子はね、何代もやってんだよ、そういう子の面倒を。
キミは今、はじめたばっかりだからできないんだよって言ったの。

それで、立派なお母さんだとか、立派な魂の子だと思って接してごらん、つったら、この前、すごいこと言ったの。

自分は、我慢して、ずーっと何年もこの職場にを勤めてるんだって、思ったんだって。
見方が変わったら、この子たちが未熟なオレに我慢しててくれたんだってことがわかったんだって。

この子たちは文句も言わずに、ずーっと我慢してくれてたんだ、ってことがわったら、もう身が震えるような思いをした、っつうんだよね。

だから、人間って魂的なことがわかるとね、違いが出てくるね、って。

 - 幸せになるために役立つ言葉