CDから学ぶ『斎藤一人さんの言葉』

Just another WordPress site

*

悟りの三位一体(「知らないと損する不思議な話」より)

   

私は愛と光と忍耐です

人間というのは、俺から法という教えを聞いたんだよ。
法というのは幸せになる方法なんだよ。
法というのは縦糸なんだよ。

で、この経というのは、縦の糸に錘をつけると、まっすぐ下向くんだよ。
横向いたり、上向いたりは絶対ないんだよ。
世界中そうなんだよ。
これは世界共通の教えという意味なんだよ。
だから俺が教えてるのは経なんだよ。
世界で同じことが出来るよってことなの。

俺が教えたら江戸川区ではそうなるけど、葛飾区ではそうなりませんでしたなんてことはないんだよ。
ありえないだ、っつってんだよ。

だから、起きた問題を「愛と光」でこうやって解決してくんだよ。
そうすると神様がそれでも愚痴を言いたくなるような試験が出るんだよ。
試験が出てきたら「愛と光」で答えを出す。

これをただ単純にやってればいいんだよ。
そうするとどうなるかっていうと、あなたは自分をつまらない人間だと思っていたかもしんないけど、いいかい。
オレから「法」を知る。
経験して行う。
そうすると、実は自分が何者かがわかるんだよ。

自分てつまらない人間じゃなくて、すごい人間なんだって。
人のお役に立つ、すごい魂なんだっつうことがわかるんだよ。
知る。
経験する。
何者かがわかる。

これを悟りの三位一体っつうんだよ。
だから、その三位一体やってみよう。

で、オレがね、一人さん塾、まるかん塾と呼ぶか、なんかわかんないけど、その塾でやりたいのは、みんなでこのことをやろうってこと。
一人ずつが、これをやってたら、こういうことが起きましたっていう、発表しよう。

そしたら、逆に言えば、自分ひとりの経験は1なんだよ。
だけど50人がいえば、それを聞けば50倍になるんだよ。
人はいいものを出し合えば、10人いれば10倍、20人いれば20倍向上するんだよ。
その向上のための話なんだよね。

出来たらこういうCDいっぱい配ってあげれば、うちに集まってこなくたって、一人だって出来るんだよ。
仲間がほしいっつう人が集まればいいんだよ。
それで魂向上してったときほんとに幸せになんのか、そうじゃないのか実験しよう、って。
実験すれば、誰だってわかるんだよな。

それを発表しあえる会がさっき言ってた、ひとりさんの仲間の集まる会をつくりたいんだ。

「私は愛と光と忍耐です」
これ1日100回言って。

それで、やったらすぐわかるから。
いいものはすぐわかるんだよ。

で、やりましょうってことです。
なんか長くなっちゃってどうもすいません

 - 日常生活に役立つ言葉